2010年05月01日

高齢者・障害者等を対象に相談会・戸別訪問の開始

デジサポ(総務省テレビ受信者支援センター)では、より手厚い支援が必要と考えられる高齢者・障害者等を対象とした地上デジタル放送に関する相談会や戸別訪問を、5月から順次全国で本格的に開始する。

1 相談会
全国の都道府県に設置された各デジサポが中心となり、地方自治体施設のほか、スーパーや病院等、住民の利用しやすい場所で、個別の相談に応じるための相談会等を計画的に実施していく予定。各地域における開催予定については、デジサポホームページ(http://digisuppo.jp/)で掲載するほか、放送や地方自治体の広報誌等で周知していく模様。
また、自治会、町内会、高齢者福祉団体その他各種団体からの申し込みに応じて相談会等を開催する。

2 戸別訪問
戸別訪問は、全国電機商業組合連合会および?日本ケーブルテレビ連盟と協力し、地上デジタル放送への準備をまだされていないと見込まれる高齢者世帯を中心に訪問を行い、地上デジタル放送に対応するための具体的なアドバイスやサポートを実施していく予定。
両団体加盟の電器店およびケーブルテレビ事業者が「地デジサポーター」として、原則として事前に電話等により連絡をした上で訪問を行うほか、個別の申し込みに応じて訪問を行う。

3 地デジ詐欺等に注意
地デジサポーターは戸別訪問をする場合、地デジサポーターであることを証明するため、専用のユニフォーム、ID(身分証明書)および腕章を着用している(画像を参照)。また、地デジサポーターが勝手に工事をしたり、現金を要求したりすることはないので、地デジ詐欺等の悪質商法に十分注意するように願いたい。

4 問い合わせ・申し込み先
相談会および戸別訪問に関する問い合わせ・申し込みは、各地域のデジサポまたはデジサポホームページで受け付けている。

地デジサポーター専用ユニフォーム
posted by chidejist at 01:16| 総務省報道