2010年05月18日

アナログカーテレビでも地デジが見られる

MOVT2
マスプロ電工梶i愛知県日進市、端山佳誠社長)は、アナログカーテレビでワンセグを視聴できるアナログカーテレビ用ワンセグセット2機種を5月下旬から発売する。
今回発売するワンセグセットは、2011年以降、使用できなくなるアナログカーテレビを救済する製品として、複雑なAV接続が不要で、簡単にワンセグが見られるよう開発されたものだ。本セットは、アンテナでワンセグを受信し、ワンセグチューナーを内蔵した本体でワンセグ(デジタル信号)をアナログ信号に変換して再送信するので、既設のアナログカーテレビでワンセグ映像が見られる。
マスプロ電工は、このワンセグセットを市場投入することで、住宅用テレビだけでなく、カーテレビの地デジ化もサポートする。

製品名:アナログカーテレビ用ワンセグセットシガーライタープラグ接続方式
型式:MOVT2
希望小売価格(税込):15330円
月間販売予定数:5000台
製品名:アナログカーテレビ用ワンセグセット電源コード直付方式
型式:MOVT2D
希望小売価格(税込):15330円
月間販売予定数:5000台

■開発の背景と意図
2011年7月24日の地デジ完全移行後、アナログチューナー搭載カーナビゲーションシステム(以下カーナビ)やアナログカーテレビなどは、テレビ放送が視聴できなくなる。そのため、カーナビやアナログカーテレビなどは、約1年余りで地デジ化をする必要がある。しかし、市販の車載用ワンセグチューナーはAV接続する製品が主流で、カーナビやアナログカーテレビに接続する際、コンソールパネルの取外しが必要になるなど作業が難しいため、地デジ化が進んでいない。
そこで、コンソールパネルを外すといった手間な作業が不要で、簡単にアナログチューナー搭載カーナビやアナログカーテレビでワンセグが見られるアナログカーテレビ用ワンセグセットを開発した。

■主な特長
○簡単取付=ワンセグをアンテナで受信し、本体でVHFのアナログ信号に変換して、既設のアンテナに再送信(特許出願中)するので、アナログチューナー搭載カーナビやアナログカーテレビで簡単にワンセグを見られる。AVコード等での接続がないためコンソールパネルを外しての作業が不要になり、簡単に設置できる。
※車外に取付けられているロッド式のアンテナやGPS一体型のアンテナには使用不可。
○自動スキャン機能=遠出をしたときに放送エリアを外れても、自動的にその地域の放送チャンネルを探す機能(自動スキャン機能)を装備しているので、ワンセグを受信できる地域なら、いつでも、どこでも視聴できる。
○ホームチャンネル登録機能=普段視聴している地域のチャンネルを「ホームチャンネル」として登録できるので、遠出をしたとき、チャンネルを変更しても、リモコンの「ホーム」ボタンを押すだけで、簡単に普段視聴しているチャンネルに戻すことができる。
○簡易番組表=画面に簡易番組表を表示できるので、番組を確認することができる。
○ズーム(画面拡大)機能=標準テレビ(4:3)でワンセグを視聴した場合、番組によってはテレビ画面より小さな映像(額縁のように映像の周りが黒く縁取られた状態)になることがある。このような額縁画像放送でも、ズーム(画面拡大)機能によりフル画面表示できる。
○環境に配慮した製品。だからeco=無鉛はんだの採用、カドミウム・水銀などの不使用により、EU(欧州連合)の特定有害物質使用規制(RoHS指令)に対応した、環境負荷の少ない製品。
posted by chidejist at 00:23| 地デジチューナー