2010年06月09日

「電波の日・情報通信月間」記念式典

総務省は、第60回「電波の日」(平成22年6月1日)および平成22年度「情報通信月間」(同年5月15日から6月15日まで)に当たり、記念中央式典において、情報通信の発展に貢献した個人および団体並びに「みんなでつくる情報通信白書コンテスト2010」受賞者に対して表彰を行った。

総務省は、6月1日午前10時30分から帝国ホテル(東京都千代田区内幸町1−1−1)で行われた平成22年度「電波の日・情報通信月間」記念中央式典において次の表彰を行った。
1 「電波の日」総務大臣表彰
個人4件/団体2件
2 「情報通信月間」総務大臣表彰
個人5件/団体4件
3 「みんなでつくる情報通信白書コンテスト2010」総務大臣表彰
表紙絵部門6件/コラム部門6件
4 その他
当日は「情報通信月間」総務大臣表彰に併せ、情報通信月間推進協議会会長(東京電力且謦役会長・勝俣恒久)から、情報通信の発展に貢献した個人に対して表彰を行った。
▽電波の日
昭和25(1950)年に電波法、放送法および電波監理委員会設置法が施行され、それまで政府専掌であった電波の利用が広く国民に開放されたことを記念して「電波の日」を設け、国民各層の電波の利用に関する知識の普及・向上を図るとともに、電波利用の発展に資することとしている。 ▽情報通信月間
昭和60(1985)年の情報通信の制度改革を機に、情報通信の普及・振興を図ることを目的として設けられたものであり、期間中、全国各地で情報通信に関するさまざまな行事を実施する中で、豊かな生活を実現する情報通信について広く国民の理解と協力を求めていくこととしている。 ▽みんなでつくる情報通信白書コンテスト2010
情報通信白書について、「読者参加型」の白書とすることにより、国民に情報通信をより身近に感じてもらうとともに、情報通信についての関心を高める契機とすることを目的に、表紙絵およびコラムに関する公募を実施している(平成21年版から実施)。
なお、受賞作品については、平成22年版情報通信白書に掲載される予定である。
posted by chidejist at 23:03| 総務省報道