2010年11月08日

デジタル化ロードマップ(第5版)の公表

総務省では、来年7月24日の地上デジタル放送の完全移行に向けて、すべての辺地共聴施設のデジタル化対応を完了させるために、今年9月末現在の自主共聴施設(地元視聴者が整備した共聴施設)の改修計画等を、「辺地共聴施設デジタル化ロードマップ」として取りまとめた。
このロードマップについては、2008年9月末の状況に基づいて初版を作成し、以後、半年ごとに更新し今回は第5版となる。なお、自主共聴施設の改修に当たって地元視聴者の負担が過大となる場合には、国として支援措置を設けている。
▽2010年9月末現在、約1万2000施設のうち約8100施設(約67%)のデジタル化対応が完了(直接受信移行を含む)した。
▽現時点で約99%の施設についてデジタル化対応の目途(完了または計画済)を得ている。2011年3月末までに、約1万1600施設(約96%)のデジタル化対応を完了する予定だ。
▽なお、NHKと地元視聴者で設置・運営するNHK共聴施設については、2010年9月末現在、約7800施設のうち約6400施設(約82%)のデジタル化対応が完了。引き続き、NHKが責任をもって計画的に対応していく。
posted by chidejist at 23:35| 総務省報道